FC2ブログ




※ 無断転載禁止 ! ※

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください





私の心の中のお話です。
ご了承ください。



星の欠片、月の雫。 7-2





「なぁ、チャンミン」


カーテンの向こうはまだ暗くて、月明りだけがぼんやりと室内を照らしている。
僕は、懐かしい温もりと匂いに包まれて、夢と現実の間を行ったり来たりしていた。


「チャンミン」


貴方に名前を呼ばれて目を開けると、
ようやくそれが夢ではないことを認識できた。

隣には、溶けるような優しい目をしながら、
僕をジッと見ているユノがそこにいたから・・・


「チャンミン、辛くないか? ゴメン、ちょっと強引だったな」


恥ずかしさを隠すように、僕の髪を撫でながら額に軽くキスを落とす。


「チャンミン、覚えてるか? 俺が守れなかった約束」



〝俺が守ってやる〟



「守ってやるって、お前を俺が守るって・・・」

・・・・・「もちろん、覚えてるよ」

「今からでも間に合うかな? 俺たち、遅くないよな?」


僕は、ユノに抱かれたまま小さく頷いた。


「もう一度約束するよ。俺がお前をずっと、、、これからもずっと守ってやるから・・・」


僕を抱くユノの腕に、ギュッと力が入る。


「今までごめんな。ずっと1人にして・・・」


このまま、呼吸が止まってもいいとさえ思う。
何も考えず、ユノと2人で抱き合いながら永遠にこのままでいたかったから・・・



でも、現実はそうじゃないことを僕もユノも知っている。


・・・・・「ユノ、いつまでソウルにいるの?」


聞きたいわけじゃない。
けれど、聞かないと・・・

僕たちは本当の意味で繋がることが出来ないから・・・


「お前に会いたくて、1日早く来たんだ。テミンに聞いてるか? 明日、専務と会う」

・・・・・「・・・ウンジュさん、、、とのこと?」


現実をちゃんと知らないと・・・


「結婚しろって言われてる」


僕たちは前には進めない。


・・・・・「そう、なんだ」


身体が震える。

ついさっき、貴方に抱かれたばかりなのに、ずっと守るって言われたばかりなのに・・・
怖くて身体が震える。

抱きしめていた腕の力を緩めて、ユノが僕の顔を覗き込んだ。


「チャンミン。俺とウンジュさんは結婚はしない。お互いそう思ってるんだ」

・・・・・「でも、、、」

「ニューヨークへ一緒に行ったのは、同情だって彼女にそうに言われたよ」

・・・・・「・・・・・」

「もちろん、自分が招いてしまった事故で、彼女があんなことになって・・・
責任を感じたことも理由の1つだよ。でも、それだけじゃない。彼女には、本当に感謝してるんだ」

・・・・・「うん、分かってる」

「お前と離れて、知らない国で心が壊れそうなとき俺を救ってくれた大切な人だ。
俺が傍にいて、彼女の力になれるなら、、、そう思ったんだ」

・・・・・「知ってるよ。ユノがそういう人だって」

「同情じゃないよ。俺は、彼女を愛してた」



分かってるよ、ユノ・・・





「ある日彼女にさ、病院へ呼び出されて、俺の目の前で・・・」



〝ユンホさん、そのままそこにいて。
もし、私がユンホさんのところまで歩くことが出来たら、私のお願いを聞いてくれる?〟




「彼女がゆっくりと、、、けれどしっかりと足を踏みしめて、俺のところまで歩いてきたんだ。
嬉しくて、、、目の前に彼女の顔が見えたとき、思わず彼女を抱きしめた」

・・・・・「・・・・・」

「〝頑張ったね〟って、それしか言えない俺にさ・・・」



〝ユンホさん、見たでしょ? 私、もう1人で歩けるの。ユンホさんがいてくれたから・・・
傍で見守ってくれたから〟


〝けれど、私たちのこれからの人生を一緒に歩くのはお互い別の人でしょ?そうでしょ? ユンホさん。
ずっと長い間、貴方を信じて待ってる人がいるはず。早く行ってあげて。それが私からの最後のお願いよ〟


〝私は歩けるようになったの。だから、、、だからね、心も一歩踏み出そうと思ってる〟

〝ドンヘさんに、会いに行くわ〟





・・・・・「ドンヘさん、、、」

「彼女がずっと愛してる人だよ」









78へつづく

読者の皆さま、おはようございます。

昨日は、渋谷のタワレコとTSUTAYAへ行ったお友達が、
いろいろと写メを送ってくれました。
さながら実況中継のようにトントラの動画もリアタイで見たりして、まるで気持ちは渋谷なう(笑)

フラゲしたアルバムのジャケカを報告し合ったりで、家に居ながらも
1日楽しい時間を過ごしました(笑)

アルバムは、驚きのsurprise songもあったりして、期待以上のすっごくいいアルバムです。
これからたっぷり聞き込んで、ツアー参戦したいと思ってます。

初回限定盤とギフト盤が今日到着予定なので、
それも楽しみです♪


夜は、うたコン。
けど、正直、ユノを直視できませんでした。
あんな色のないユノ、見てられなくて、、、
でも、そんなユノを隣でカバーしようとチャンミンが少し無理して笑ってて、、、
(私にはそんな風に見えました)
パフォーマンスは最高でしたね。
胸が凄く熱くなって、涙が出ました。
何も出来ない、応援することしか出来ないけれど、
一生懸命私に出来る応援をしようと思いました。


それでは、今日も穏やかな1日になりますように。
いつもご訪問ありがとうございます。





こころ。

ランキングに参加しています。
いつも沢山の応援、感謝します╰(*´︶`*)╯♡ 

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



スポンサーサイト





コメント

  1. |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ( 06:42 )

  2. |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ( 06:46 )

  3. |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ( 09:02 )

  4. |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ( 09:20 )

  5. |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

    ( 10:24 )

  6. |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ( 11:04 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



最新記事