FC2ブログ




※ 無断転載禁止 ! ※



当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください





私の心の中のお話です。
ご了承ください。



--- 大丈夫? ---

・・・・・「はい」


アパートに戻って、ホッと息を吐く。

すると、それが合図のように疲れがどっと溢れ出て、
全身の身体の力が抜けたようにソファに身体を投げ出した。


--- 少し休んだ方が良い ---

・・・・・「ソジュンさん」

--- ん? ---

・・・・・「僕、ソジュンさんに迷惑かけてばっかりで、、、」

--- いや、謝るのは僕の方だよ ---


窓際に立ち、カーテンを開いたソジュンさんは、
窓の向こう側に視線を向けたまま、そう呟く。


・・・・・「どうしてソジュンさんが?」

--- 事情も知らないのに、ユンホにあんなことを、、、---


〝お前に弁解の余地はないと思うよ〟


---ちょっと言い過ぎたよ。あ、、、あいつとは小学校から高校まで同じ学校だったんだ---

・・・・・「そう、だったんですか、、、」


なんて偶然、、、


--- 驚かせてごめんね ---

・・・・・「いえ、、、」

--- じゃあ、僕は帰るよ。チャンミン、疲れていると思うけど、、、---

・・・・・「・・・・・」

--- 少しでいいから、あいつの話を聞いてやって---


ソジュンさんは小さな声で〝じゃあ、またね〟と、
それだけ告げて僕の部屋を後にした。



映画みたいな恋をした。3



それからどのくらいの時間が経ったか、、、


静かすぎる部屋に、小さく響く、扉をノックする音。
ドアベルを鳴らさず、扉をノックするその行為が、その人の心情を表しているようだ。

ドアの向こうに誰が居るのかは分かってる。

正直、このまま静かに眠ってしまいたいと、そう思ったけれど、、、


〝少しでいいから、あいつの話を聞いてやって〟


ソジュンさんのあの言葉が、脳裏を掠める。
暫く考えて、僕は重い身体を起こし、玄関に向かう。


ゆっくりとドアを開ける。


・・・・・「ヒョン、、、」

「・・・・・」


何も話さず、瞳を泳がせて、僕と目を合わせようとはしない。


・・・・・「入って?」


そう言うと、ようやくヒョンが僕と目を合わせて、、、


「ゴメン、チャンミン」

・・・・・「・・・・・」

「ゴメン、、、」


ヒョンの目は赤く充血していた。
きっと、昨夜から眠っていないのだろう。


・・・・・「ヒョン、、、」


思わず手を伸ばしてヒョンの手を取った。


・・・・・「何も食べてないんでしょ? スープくらいなら、、、」

「ゴメン、、、ゴメン、、、」


赤く染まったヒョンの目から、溢れ出す涙。
その涙が、頬を幾筋も伝って落ちてゆく。


僕は、ヒョンの手を引いて部屋に引き入れる。
扉が閉まる音と同時に、そっとヒョンの身体を抱きしめた。


・・・・・「泣かないで、ヒョン」

「こ、怖かった、、、お前に何かあったら、、、何か、、、」

・・・・・「僕は大丈夫だよ。ごめんね、ゴメン、、、」


僕にしがみついて震えながらヒョンは泣いていた。

その姿を見て僕は思ったんだ。


ヒョンにだって、何か事情があったのに、
僕は自分の事しか考えていなかった。

ヒョンを信じて、待つべきだったのに、、、


・・・・・「ゴメン、ヒョン、、、」






・・・・・「こんな物しか、、、」

「ううん、ありがとう」


ようやく落ち着いたヒョンを椅子に座らせる。

冷蔵庫の余り物で作った温かいスープと、
冷やしてあったリンゴを剥いて、ヒョンに差し出した。


・・・・・「食べて?」

「ん、、、」


向かい合うように椅子に座ると、
ヒョンは少し無理をして僕を見て笑う。

スプーンを手にしてスープを掬って口に入れた。


「ん、、、美味しい」

・・・・・「熱くない? 気を付けて?」


そう言うと、ヒョンは顔を上げて僕を見る。


「チャンミン、、、」

・・・・・「・・・・・」

「少し、話したい。いいか?」


昨夜の事をヒョンは話そうとしている。

僕は小さく頷く。


・・・・・「僕も、、、聞きたいよ」


あのときの電話の相手は誰だったのか。
僕を置いて、どこへ行っていたのか。



ヒョンの心を縛るものは何なのか。

それが知りたいと思ったから、、、、、







49へつづく

ランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




スポンサーサイト





コメント

  1. |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

    ( 14:40 )

  2. |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ( 15:19 )

  3. |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ( 16:23 )

  4. |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ( 18:05 )

  5. |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ( 19:15 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



最新記事