FC2ブログ




※ このお話は、2014年2月6日 旧館にて更新したお話です。



私の心の中のお話です。
ご了承ください。



3番目のメッセージ




・・・・・「んっ、ちょ、、、や、だっ!!」


突然、身体が重くなって唇を冷たい何かで塞がれる。


・・・・・「んっ、、、ふっ・・・・」


だ、だれ、、、って言っても、こんな事する人は1人しかいない。

それに、この柔らかい唇の感触、、、
両の手で、僕の上に覆いかぶさるその人を強く押して引きはがした。





今、僕は、自分の家の、自分の部屋の、自分のベッドの中・・・

ようやく離れた唇。
息を切らしながら・・・


・・・・・「で、どうして貴方がここに居ますか?」


僕の上で半身立ち上がっているその人。


「だって、仕事終わったし、、、寂しかった」



・・・・・「ヒョン、とりあえず僕の上から降りてください」

「イヤだ。お前、何か忘れてるだろ?」


僕は、大きくため息をついた。


・・・・・「メッセージ見ませんでしたか?」

「見た」

・・・・・「じゃあ、忘れてないじゃないですか。どうせ、僕が1番だったでしょ?」



そう、今日は2月6日。
この僕の上に平然と乗っかってる、、、ユノヒョンのお誕生日。

僕たちは、個人活動もしてるから、いつも一緒にその瞬間を迎えられるわけじゃない。

今年は、ユノヒョンの仕事が深夜までかかって、
一緒には居られないことが事前に分ってたから、、、

12時になるのを待ってすぐにメッセージを送った。


〝 ヒョン、お誕生日おめでとうございます♡ チャンミン〟


「何だよ、、、あれで終わらそうとするなよ」

・・・・・「その言い方は少し可笑しくないですか?
僕たちは誕生日も近いから、プレゼントの交換はなしにしようって、ヒョンが言い出したんじゃないですか?」

「・・・・・」

・・・・・「それに・・・」

「何だよ?」

・・・・・「仕事終わってからも、まっすぐここに来てないですよね?」

「えっ?」

・・・・・「ですよね?」

「ん、、、うん、誘われてさ」

・・・・・「テミンと一緒でしたよね?」


メッセージを送った後、やっぱり声が聞きたくて・・・

けど、もしかしたらまだ仕事が、、、
それとも誰かと・・・

そう思って、マネヒョンに電話したんだ。

そうしたら・・・


〝 あぁ、チャンミンか。ユンホなら、テミンと一緒に出掛けたぞ〟


ヒョンが、この世に生を受けた大切な記念の日。
特別な特別な日。

だから、一緒に居られなくてもせめて、、、が聴きたかった。


・・・・・「またテミン、、、」


テミンと出かけたなら、きっと僕からのメッセージも読んでないだろうな。
そう思って、実際、僕は拗ねてたんだ。



「で、でも、テミナと2人だけじゃない。スタッフも一緒だしさ、みんなが、祝ってくれるっていうからさ」

・・・・・「じゃあ、こんな所に来てないで、祝ってもらえばいいじゃないですか? お?」

「それに・・・」

・・・・・「お? 言い訳ですか?」

「それに、お前のメッセージ、3番だった」


・・・・・・・・・


嘘だ、、、
12時になったらすぐに送ったのに・・・


「ジヘと、テミンの後が、お前・・・」


何だよ、、、だからなんだよ・・・


・・・・・「だから、なんですか?」

「えっ?」

・・・・・「だから、なんだって言うんですか?降りてくださいっ降りろ!!!」


自分が好き勝手してるくせに、メッセージが3番だからって・・・
だからってなんなんだよ!!


・・・・・「自分だって、、、ヒョンだって、僕が1番じゃないだろ?! 一番にここに来てくれなかったじゃないか!
だいたい、テミンはおかしいです!僕を差し置いて一緒に食事してるのに、メッセージってなんなんだよ?!!」


しつこく僕の上に跨って見下ろしてるヒョンを、力任せにドンと押しやって、
ヒョンの身体がフラッとよろけた隙に、身体を起して立ちあがろうとした。


「チャンミナ、待てよ」


背後から腕が回ってきて、僕は後ろからヒョンに抱きしめられた。


・・・・・「は、離せよ!」

「おい、どこいくんだよ」


暴れる僕を、さっきよりも力を込めて、まるで拘束するようにガッチリと捕えられた。


・・・・・「バカ、ヒョンのバカっ!!」


いつもいつも、テミナ、テミナ、テミナ・・・
そんなにあいつが好きなら、、、


・・・・・「そんなにテミンが好きなら、付き合ったらいいだろ?」




「マジで言ってんの?」

・・・・・「・・・・・」

「ん? 本気?」


僕の肩に小さな顔をチョンとおいて、耳元でそう囁く。


・・・・・「ほ、本気です」


僕がそう答えると、肩越しに僕の顔を覗きこみながら・・・


「俺が、テミナと付き合ってもいいの? そうなると、お前とは別れなくちゃいけなくなるけど、、、いいの?」

・・・・・「べ、別に・・・」


途端、スーッと僕の身体に冷たい空気が纏わりつく。
ヒョンが僕から離れて、ベッドから降りた。


「分かった。帰るわ、じゃあな」

・・・・・「えっ、、、ヒョン?」


そのままクルリと僕に背を向けて、振り向きもせずドアを出る。
パタンと、ドアの閉じる乾いた音が静かな寝室に響いた。



な、なんだよ・・・僕が悪いのかよ・・・

ぼ、僕は、、、ヒョンが、、、ヒョンがいつも僕を後回しにするから・・・
少し拗ねただけじゃないか・・・


〝お前とは別れなくちゃいけなくなるけど、、、いいの? 〟


僕と別れて、テミンと付き合うの?
嘘だよね? 冗談に決まってる。

嘘だよね?


ヒョン、、、



ま、待ってっ、ヒョン、、、ヒョン・・・


・・・・・「ヒョン!!!」


ベッドから駆けるように飛び出して、ドアを開けた。


「ん? 呼んだ?」


そこに、壁にもたれ掛って腕を組んでるヒョンがいた。


・・・・・「ヒョン・・・」


ヒョンの姿を見つけただけで、ジワリと涙が浮かんでくる。
なのに、ヒョンの顔はとても嬉しそうにニヤついてて・・・


やられた・・・
また、騙された・・・



いつもそう、、、
この人はとても単純だから、いつも同じパターン。
なのに、、僕はいつもいつも・・・


「チャンミナ~泣くなよ~ちょっとからかっただけだろ?」

・・・・・「バ、、、バカ!  ヒョンのバカ!! バカヒョン!!」

「お前が、つまんないこと言うからだろ? ほら、顔見せて?」


ヒョンの大きな掌が、涙で濡れた僕の頬を優しく包んでくれる。


・・・・・「ヒョン、ごめんなさい」


この人に、こんなに甘い顔をされたら・・・
ほら、、、結局、僕が謝ることになるんだ。

ま、今日はヒョンのお誕生日だから、、、僕が折れてあげる。


「ん、許してやろう。その代り、プレゼントもらう」


頬を包んでいた手が、今度は僕の背中に回る。
ヒョンの腕の中は、大きくて温かくて、、、
ヒョンの匂いがする。


・・・・・「ごめんなさい、何も準備してなくて」

「お前をもらう」


えっ?

・・・・・「んんん、、、っ、、、」


瞬間、ヒョンの唇が僕のそれに重なった。
そのままベッドに2人で倒れ込む。



「チャンミナ・・・」

・・・・「あっ、、、な、な、に? あっ、ん・・・」

「メッセージにあれが付いてた。嬉しかった」

・・・・・「あっ、、、あ、れって?」

「♡マークだよ。あんなの初めて見た」


あ、気が付いてたんだ。
鈍感だから、絶対に気にも留めないと思ってたのに・・・・


・・・・・「でも、、、1番じゃなかった」

「3番でも、10番でも100番でも、俺にとっちゃお前のが1番なんだよ」

・・・・・「ほ、ほんとに? 僕が好き?」

「好きだよ、お前だけ」


僕の身体を隙間なく撫でるユノの掌が好き。


・・・・・「ねぇ、、ユノ、、、僕とテミンとどっちがスキ?」

「つまんないこと聞くなよ。俺がお前に夢中なの、知ってるだろ?」


僕の肌を、味わうように滑ってゆくユノの唇が好き。


・・・・・「ほ、ほんと? あっ、、あぁっ、、、」

「ホントだよ。お前の綺麗な瞳や、首筋のホクロや、感じやすい肌や、ほら、、、ここの感触も、、、」


囁かれる言葉で、僕の中が疼いてユノをギュッと締め付ける。


・・・・・「ん、、、は、はやく、、、ユノ、、、奥まで・・・」

「今日は朝まで寝かさないからな、覚悟しろよ」

・・・・・「ん、、、あっっ・・・」







長い長い2人の濃密な時間を終えて、僕の隣りで小さな寝息を立ててるヒョン・・・


・・・・・「寝かさないって、言ったくせに、、、フフ」


幼子のように、僕にしがみ付きながら少し口を開けて・・・


「んんん、、、んんん、、チャン、ミナ・・・」


プックリした唇から僕の名前が漏れる幸せ。

ヒョン、昨日はお疲れさま。 
今日も頑張ろうね。

それまで、僕の腕の中でゆっくり休んでて・・・




ヒョンがまた1つ歳を重ねた。

しばらくすれば、僕の誕生日。
けど、僕は永遠にヒョンには追いつけない。

なんだかそんな当たり前のことが、とても嬉しかったりする。

いつまでもいつまでも、貴方の後を追いかけたい。
貴方の背中を追いかけたい。



・・・・・「ヒョン、お誕生日おめでとう。愛してるよ」



さぁ、僕の誕生日には、ヒョンをどうやって脅かせてやろうか、、、
僕は、イタズラの作戦を考えながら、ヒョンの隣りで夢に堕ちた・・・







fin

懐かしいお話を皆さんにこっそりお届けします。
18日には、チャンミンversionのお話をお届けします。
よろしかったらお部屋を覗きに来てくださいね。


それでは、いつもご訪問ありがとうございます。




こころ。

ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



スポンサーサイト






最新記事