FC2ブログ


はじめましての方は必ずご一読ください。

はじめまして♪


晴れ、ときどき雨・・・こころ日和。 管理人の こころ。と申します。

2017.08.01より、
旧館「晴れ、ときどき雨・・・こころ日和。」よりお引越しをして参りました。

こちらのお部屋は、ホミン至上主義 管理人こころ。の心の中のお話を、
書き綴った自分勝手なお話がメインのお部屋です。

東方神起はユノとチャンミン。
そして、こちらのお部屋は ホミン のみのお部屋です。
それ以外をお求めになる方は、速やかに退室していただきますようお願い申し上げます。


ユノとチャンミン、2人が2人でいてくれれば幸せ。
どんなことよりも2人が笑っていてくれれば幸せ。

2人の笑顔が私の元気の源です。

2人の心の繋がりを表現したくてお話を書くようになりました。
素人ですので、表現や描写に稚拙なところもあります。
心のままに綴っておりますのでご了承ください。

お話の中にBL的要素が含まれるものもございます。。
18歳未満の方、またはそういった表現が苦手な方はお帰り下さい。

閲覧される方、自己責任でお願いいたします。

2人をイメージして綴っておりますがあくまでも私の心の中の妄想であり、
ご本人やその他すべての登場人物には一切関係ありません。
すべてフィクションです。
その点をご理解、ご了承していただける方のみ、閲覧してくださいますようお願い致します。

なお、閲覧後の苦情、中傷、批判などはご遠慮ください。
閲覧は、すべて自己責任でお願いします。

※ コメントについてのお願い

お話の更新を優先させていただき、頂いたコメントやメッセージのお返事が出来ない場合があります。
気まぐれでのお返事になり、失礼とは十分承知で、お返事できない時もございます。
ご了承ください。

頂いたコメントやメッセージは、いつも大切に読ませていただいてます。
感謝しています。

※ こころ日和。に掲載していますお話は、全て私個人のものです。
他人の作った文章や画像やデータを勝手に複製することは禁止されています。
無断転載はご遠慮願います。
ここでのお話は、ここにあるからこそ皆さんに楽しんでいただけると思っています。


ここに脚を運んでくださる皆様が、こころ日和。のお話で楽しんで頂けたら嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします(*^_^*)


2017.08.01

晴れ、ときどき雨・・・こころ日和。 
管理人 こころ。






スポンサーサイト







※ 無断転載禁止 ! ※

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください





午後のひととき、、、
お昼のミニホミン劇場でお楽しみください(^-^)




私の心の中のお話です。
ご了承ください。



レンタル彼氏。1






・・・・・「凄かったですね! 僕、もう1回乗りたいな~」

「俺ダメ、、、無理、、、」


子供の頃から苦手だった。
天も地も分からなくなるくらい、何度も何度もくるくるくるくる・・・・・


「俺、酔ったかも、、、」

・・・・・「ふふ、少し休憩しましょう」

「ん、、、」


悲鳴のような絶叫が響くジェットコースターを背に歩き出す。


・・・・・「ユンホさん、もうお昼回ってます」

「ん、、、そう言えば腹減ったな」


朝、急いでて、ロールパン1つかじっただけだった俺は、
空腹を実感した途端、ぐぅ、、、と腹の虫が鳴る。


・・・・・「ふふ、、、お弁当食べましょうか」

「ん、そうしよう。腹の虫が鳴いてる」


少し歩いた先にある緑の芝生が広がる場所。

大きな樹木の下にあるベンチに並んで座ると、
チャンミンがごそごそと荷物を広げる。


「すげぇ、、、美味そう」

・・・・・「はい、どうぞ、ユンホさん、、、」


さっとおしぼりを広げて俺に差し出す。
冷えたおしぼりが、とても気持ちいい。


「朝から大変だったろ?」


色とりどりのおかずが、大きな弁当箱にぎっしりと並んでいる。
どれもこれも美味くて、、、


・・・・・「いいえ、そうでもないですよ」

「マジ美味かったよ。御馳走さま、チャンミン」


綺麗にすべて平らげると、
チャンミンはとても嬉しそうに微笑んだ。


ベンチから立ち上がって、腕を上げて背伸びする。
沢山の家族連れやカップルが、俺達と同じように芝生の上で弁当を広げてる。

子供たちが楽しそうに声を上げて駆け回るっているのを見ると、
自分まで楽しい気持ちになってくる。

青い空が遠くまで広がっていて、深呼吸すると夏の香りが身体中に広がった。


「んーーーっ、、、腹もいっぱいになったし、これからどうする?」

・・・・・「僕、このお化け屋敷に、、、、」


チャンミンが、入り口で手渡されたパークの地図を広げて、
キラキラした目で俺を見る。


「お化け、、、、ちょ、、、それは、、、」


ベンチに座り直して、チャンミンと一緒に地図を覗き込んだ。


・・・・・「ここです。ここのお化け屋敷、超リアルですっごく怖いって、、、」

「なぁ、、、チャンミン。お化け屋敷はやめて、ここ行こう」


お化け屋敷なんてとんでもない。
どうにか避けなければ、、、

俺は、地図の中でパッと目についたところを指差した。


「ここ、よくない? 」

・・・・・「あっ、、、」

「ほら、駐車場から見えてただろ?デカかったよ」


それは、なんてことのない、
こういうところには必ずある観覧車、、、


・・・・・「あーっ、ここは、、、」

「何? 」

・・・・・「と、とにかく僕は、ここに行きたいんです」


様子がおかしい。
もしかして、高所恐怖症とか?

いやいや、さっき絶叫マシンに乗って、腕上げて喜んでたし、、、

チャンミンは、そそくさと空になった弁当箱を片づけると、
リュックを背負ってベンチから立ち上がる。


・・・・・「行きましょう、、、」


俺のことは目もくれず、
さっさと歩き出したチャンミン。


「お、おい! 待てって!!」


慌ててチャンミンの後を追った。


結局、、、

強引に腕を引かれてお化け屋敷に連れていかれた俺。
ようやく暗い館内から表に出た時には、ぐったりと疲れ切っていた。

チャンミンは、とても楽しかったようで、
歩きながらも、ああだったこうだったと嬉しそうに話していた。

その後も、敷地内に併設されてる博物館や資料館なんかを回って、
気が付くと、もう陽が落ちて、辺りは太陽の光に代わって、明るいイルミネーションに照らされていた。


「楽しかったな、チャンミン」

・・・・・「はい、とっても」

「また来ような」

・・・・・「はい」

「よし、、、じゃあ、帰り何か美味いもんでも食って、、、」


パークの出口に向かって歩きながら、
夜飯の事を考えていると、さっきまで隣にいたチャンミンの姿がない。


「あれ?」


振り向くと、チャンミンは足を止めてどこか遠くをじっと見つめている。


「どした? チャンミン?」


チャンミンは、視線はそのままで、、、


・・・・・「ユンホさん、あと、1つだけ乗りたいのがあるんです」

「えっ?」

・・・・・「付き合ってもらえますか?」


チャンミンの視線のずっと先、、、
昼間とは違う、綺麗なイルミネーションに飾られた大きな観覧車があった・・・







33(完結話)につづく

読者の皆さま、こんにちは。
お昼のミニホミン劇場も、明日で完結します。
最後までお付き合い、よろしくお願いします。


それでは、本日はこのへんで。
いつもお部屋にご訪問ありがとうございます♪





こころ。

ランキングに参加しています。
応援ポチっとお願いします(^^♪

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村








※ 無断転載禁止 ! ※

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください




私の心の中のお話です。
ご了承ください。




星の欠片、月の雫。3






「なぁ、チャンミン、、、俺、、ねむい・・・」

・・・・・「室長! ほら、しっかりしてください!!」




はぁ、まったく・・・
どうして弱いのに飲むんだろう。



プロジェクトのプレゼンがチョンくんの手腕で上手く運んで、
今夜の彼はとてもご機嫌だった。


金曜の夜・・・

約束通り、2人での祝賀会。

僕はまだ、ちっとも酔っていないのに、
ビール2杯で酔っちゃうなんて・・・


・・・・・「ほら、室長、、、シャワー浴びないと」


仕方なく僕はチョンくんをタクシーに乗せて僕のマンションまで連れてきた。

ったく、何がお抱え運転手だよ・・・


「もう、ねむい・・・」


僕の肩にもたれ掛って、今にも寝息を立てそうなチョンくん。
酔っ払いってどうしてこんなに重いんだっ!!

ズルズルと引きずるように寝室まで運んで、やっとの思いでベッドに放り込む。


・・・・・「全く、、、室長、上着だけでも脱いで・・・」


そう言いながら彼の顔を覗くと、もうすでに彼は夢の中だった。
上着をどうにか脱がせて、ネクタイを外した。


「んん、、、んんんんん」


ベッドサイドに腰を下ろして、寝返りをうつ彼の髪にそっと触れる。

僕の好きな、少し茶色の長い髪。
彼の規則的な寝息が、僕をとても安心させた。


・・・・・「おやすみなさい、室長・・・」


頬にそっとキスを落とした。





僕は、そのままシャワーを浴びて、冷蔵庫からビールを取り出した。
チョンくんのおかげで、全く酔えなかったから・・・

面白くもないテレビをつけて、ビールを飲みながら頭ではチョンくんの事を考えてた。



彼は、僕のどこが好きなんだろう・・・



最近のチョンくんは、フロア外からでも社員が訪ねてくるくらい有名人で・・・
いつも周りには誰かがいる。

本社で一番美人だと言われてる受付の女の子も、彼を狙ってるらしいし、
ホントかどうか定かではないけれど、女子社員の間でファンクラブみたいなものもあるんだとか・・・

なのに、チョンくんは本当に僕でいいのかな・・・



そんなことを考えながら、僕はいつの間にか意識を手放していた。






ふっと、額に温かい温もりを感じて薄く目を開けると、
チョンくんが僕の隣で笑っていた。


「チャンミン、こんなところで眠っちゃだめだ。こっちにおいで」


夢かな・・・

温かい手に引かれるように僕は寝室のベッドヘ潜り込む。
隣りを見たら、チョンくんが僕を胸に抱いてくれた。

温かくていい匂いがして、なんだかとても幸せな気分になった。


「チャンミン、愛してる」


夢の中の僕は、彼にギュッと抱きしめられて・・・

それはまるで、子供の頃に、、、そう、母に抱きしめてもらった時のように、
ふわふわしていて、温かくて・・・

安心しきった僕は、深い深い眠りの中に落ちて行った。






チュンチュンと、小鳥のさえずりが耳に届く。
カーテンの隙間から差し込む薄い月光を感じて、僕は目を覚ました。


・・・・・「今、何時だろう」


身を捩って、時計を見ようと身体を動かすけれど、一向に動かない。
なんだか身体が重い・・・


まだ、はっきりとしない視界。
少し無理をして開いた瞼。

目を凝らして隣を見る。
僕の目に映ったものは・・・


!!!


チョンくん!!!


チョンくんの腕が僕のお腹の上に!


・・・・・「しっ、、、室長??」

「んんんん、、、チャンミン? まだ時間じゃない。もう少し眠ろう」


そう言いながら、太い腕をグルッと僕の背中に回して、そのまま胸に抱えこんだ。


抵抗してみたけれど、チョンくんはまた夢の中・・・
僕は朝まで、ドキドキしっばなしで、まったく眠れなかった。




空が白み始めて、カーテンの隙間から差し込む光が、完全に月から太陽へ変わったことを知らせる。
チョンくんの腕で、ガッチリホールドされた身体を何とか捩じって頭上の時計を見た。


・・・・・「もう8時か・・・」


「室長、室長、、、そろそろ起きましょう」


少し上を向くようにして彼の顔を見あげる。

なんだか子供の様に無防備な寝顔を見て、起こすのが可哀想になった僕は、
少しずつ身体をずらして、なんとか彼の腕から脱出した。


・・・・・「ふぅ・・・」


そのまま洗面所で顔を洗って、歯磨きをして・・・
そして、リビングのカーテンを開けた。


・・・・・「いいお天気だな」


眩しすぎるくらいの陽が降り注いでる。
ポカポカ温かくて、僕は大きく背伸びをした。


・・・・・「よし! 」


キッチンへ行って、野菜たっぷりのお粥を作った。
冷蔵庫のキムチ、塩辛としょうゆ漬け・・・


キッチンにいい香りが漂ってきて、、


・・・・・「これでいいかな? 室長はきっと二日酔いだろうし・・・」


寝室へ彼を起こしに向かう。
そっと扉を開けると、さっきと同じ格好のままで、すーっと寝息を立てている。

起こすのが躊躇われたけれど、ごはんが冷めちゃうし、
心を鬼にしてチョンくんを小さく揺さぶった。


・・・・・「室長・・・」

「・・・・・」

・・・・・「室長、ご飯出来ました。起きてください」

「んんん・・・・」


まだ起きたくないとばかりに寝返りをうって壁の方へ向きやる。


・・・・・「室長!! そろそろ起きないと・・・」

「ん、、、チャンミン?」

・・・・・「ご飯出来てます。室長」


なかなか起きようとしない彼。
僕も意地になって、今度は強く揺さぶる。


・・・・・「室長!! しーつーちょぉぉぉぉぉぉ」


その瞬間・・・

寝返って僕の腕を強く掴んだ彼の手。
そのまま僕はベッドへ引き込まれた。


・・・・・「し、しつちょ、、、や、止めてくださいっ!」

「チャンミン・・・」


一瞬で僕の身体はチョンくんに倒されて、上から覆いかぶさられる。
僕の首筋に顔を埋めて、そのまま動かない。


・・・・・「室長?」

「チャンミン、お前・・・」

・・・・・「?」

「お前、すっげぇいい匂い・・・」


そう言いながら、顔を上げて・・・

一瞬だった。

彼の唇が僕のそれに軽く触れる。


・・・・・「もう! 室長!!」


してやったりな顔で僕を見下ろして、笑う彼が憎らしくて・・・


・・・・・「もう知りません」


恥ずかしくて早くここから出たかったけど、チョンくんが僕の上に乗ったままで動けなかった。
僕は、赤くなっているだろう顔を見られたくなくて、拗ねたふりして横を向いた。


「チャンミン、怒った?」

・・・・・「知りません、、、」

「チャンミン、こっち向いて? なぁ、チャンミン」


淋し気な声でそう言われると、自分の胸がチクリと痛む。
仕方なく、ゆっくり彼の方を向いた。

その途端、僕の頬をそっと両手で包んで・・・


「怒るなよ、、、お前が好きなんだ」


今度は、さっきとは明らかに違う。
熱の籠ったチョンくんの唇が、まるで僕の熱まで奪うように、激しく強くぶつかってきた・・・










24へつづく

読者の皆さま、おはようございます。

昨日、高校野球の決勝戦を観戦しに朝から甲子園まで行った息子は、
なんとその後、京セラドームに移動して阪神×DeNA戦を観戦して戻ってきました。
若いって素晴らしいですね(苦)

ただ、そのおかげで、最寄り駅まで戻って来る電車の終電に間に合わなくて、
家から30分近くかかる駅まで、夜中の0時過ぎに迎えに行く羽目に(~_~;)
ただただ、眠かったです(笑)




それでは、今日も1日いい日になりますように♪
いつもご訪問ありがとうございます。





こころ。

ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします╰(*´︶`*)╯♡

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村











※ 無断転載禁止 ! ※

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください





午後のひととき、、、
お昼のミニホミン劇場でお楽しみください(^-^)




私の心の中のお話です。
ご了承ください。



レンタル彼氏。1






・・・・・「友人からレンタルしてきました」

「えっ? レンタル?」

・・・・・「ふふ、、、車です、車」

「あ、あぁ、、、うん、、、」


最近流行りのオシャレなコンパクトカー。
チャンミンが友達から借りてきたその車の助手席に乗り込む。


・・・・・「シートベルト、して下さいね」

「おぅ、、、」


カチッとシートベルトをすると、
チャンミンはニコッと笑って、、、


・・・・・「じゃあ、出発します」

「ん、、、」


車はゆっくりと動きだした。




こんな風に、ゆっくりとどこかに出掛けるのは久しぶりだ。

車の窓を少し開くと、優しい風がフワリと入り込む。
天気もいいし、気分は最高だ。

隣りを見ると、オーディオから流れている音楽に合わせながら、、
鼻歌を歌ってるチャンミンが居る。

なんだか楽しそうだ。

バイトでとても疲れていたけれど、チャンミンは喜んでるし、
やっぱり来てよかった。


・・・・・「ユンホさん」

「ん?」

・・・・・「もしお疲れなら、少し眠っててくださいね」

「ん、サンキュ、、、」


賑やかな街の中を抜けて、
田舎道を走ってゆく。

少し空気が涼しく感じる。

燦々と降り注ぐ陽の光に眩しさを感じて瞼を閉じると、
車の微妙な揺れが、とても気持ちよくて、、、、





・・・・・「ユンホさん?」

「ん、、、、」

・・・・・「ユンホさん、着きましたよ」


俺を呼ぶ声に、意識を呼び戻されて、
ゆっくりと瞼を開く。


「ん? 」


倒されたシート。
優しい笑みを浮かべながら、俺を覗き込んでいるのは、、、


「チャンミン?」

・・・・・「ユンホさん、到着しました。大丈夫ですか?」

「もう着いたのか?」


起き上がろうと身体を起こしかける。

俺の目の前からチャンミンが身体をずらすと、
フロントガラスから降る光が眩しくて、思わず手の甲で光を遮った。


「ごめん、、、」


ここまで、1時間は掛かってる。
チャンミンに運転を任せてすっかり眠ってしまっていた。


・・・・・「大丈夫です。とっても気持ちよさそうに眠ってたから、、、」

「寝言言ってなかったか?」

・・・・・「ふふふ、、、」


身体を起こして辺りを見ると、
広い駐車場に、沢山の車が並んでいる。


・・・・・「夏休みだから、家族連れが多いみたいですね」


少し離れた青い空に、大きな観覧車が見える。
駐車場に居ても、賑やかな声が耳に届いてくる。

子供の頃、両親に連れて行ってもらった遊園地を思い出した。
あの頃の楽しかった思い出が、頭の中を過る。

正直、乗り気ではなかったテーマパーク。
けど、子供の頃のあのワクワク感と同じ気持ちが、フツフツと湧いて来るような気がした。


「よしっ! チャンミン行こう!」

・・・・・「はい」


車のドアを開けて外に出ると、
賑やかな子供の声と共に、夏の虫たちの賑やかな鳴き声が空に響いている。


リュックを背負って、大きなクーラーバックを手にしたチャンミン。
そのバックを受け取り、チャンミンの手を握る。


「ほら、行くぞ」


今から始まる2人の時間を想像して、
俺は胸を高鳴らせていた・・・








32へつづく

読者の皆さま、こんにちは。

最近、眠い眠い病に罹っています(;・∀・)
とにかく眠くて、朝はふつうに起きることは出来るけど、
1時間ほどしたら急に睡魔が私を襲います。

なんとか根性と気合で、午前中は家事をしながら乗り切るのですが、
午後は絶対に睡魔には勝てません。

昨日も、そろそろ夜の更新を再開したいなと思って、
KISSをちょうだい。 の続きを書いていたのですが、
気がついたらキーボードの上で顔を伏せて眠ってました(笑)

で、ディスプレイを見ると、

ままままままままままままままままままままままままままままままままま  って(笑)

夜更かしを止めて早めにお布団に入るように心がけます(;・∀・)アハハ





それでは、本日はこのへんで。
いつもお部屋にご訪問ありがとうございます♪





こころ。

ランキングに参加しています。
応援ポチっとお願いします(^^♪

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村









※ 無断転載禁止 ! ※

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください




私の心の中のお話です。
ご了承ください。




星の欠片、月の雫。3







「チャンミン、おはよう」

・・・・・「室長、昨日も電話でお話しましたが、出勤は・・・」

「うるさい、室長命令だって何度も言ってるだろ?」



あの日から・・・
僕たちの想いが通じたあの日から、チョンくんの態度が一変した。

毎朝、僕のマンションまで車で迎えに来る。


・・・・・「僕は電車で出社しますので、室長は車でどうぞ」

「せっかく迎えに来たのに、なんだよ、ったく、、、可愛くないな」

・・・・・「拗ねないで下さい」


まるで子供のように頬を膨らませて・・・
この人って、こんな人だったっけ?


「なぁ、今日だけ、、、な? 明日から俺も電車で行くからさ、な?」

・・・・・「貴方は室長なんだから、車でどうぞ。僕は平社員ですから・・・」



いつもの車中でのやり取りを一通り済ませて、顔を見て笑い合う。


「今日のプレゼンが無事に終わったら、2人で祝杯上げにいこうな」

・・・・・「お酒飲めないくせに」

「俺はお前のお抱え運転手だな」

・・・・・「運転手さん、よろしくお願いします」


この人とこうやって笑い合う日が来るなんて、思いもしていなかった。
僕は毎日幸せだった。





チョンくんの赴任して最初のプロジェクトは、順調に進んでいた。

最初は、皆、彼が若くしてプロジェクトを任されたことに疑問を持っていたけど、
やはり、この会社に声をかけられただけのことはあった。

どこにいても何をしてても目を引く容姿。
手際よく、要領よくこなしてゆく仕事はいつも丁寧で細かい、そして正確だ。

取引先からの信用もすでに手中に納め、人望も厚く友達も多い。



会社での〝室長〟は、尊敬に値する人で、、、
傍にいる時間が長くなるにつれて、僕の目標にもなっていた。


そんな思いを彼に抱いている人間は、僕だけではない。




彼の部屋にはいつも若手の社員がいて、
賑やかに談笑していたり、かと思えば真剣な顔で書類を見ながら指示を出している。


フロアの中で、そんな様子を見ていると、



〝その人は僕のだよ。気安く触らないで〟



どさくさに紛れて彼のスーツの袖口を掴む女子社員や、馴れ馴れしく彼に触れる僕の同僚にも、
そう言ってやりたくなる。

これって、、、嫉妬?

こんな感情、久しぶりだ。



そんなことを考えながら、彼の部屋を見ていたら、
僕の視線に気がついたチョンくんと一瞬目が合って・・・

ふっと笑いながら目を逸らされた。

なんだよ・・・



僕は、準備した資料の入ったファイルとタブレットを片手に、部屋の扉をノックする。



「どうぞ」

・・・・・「失礼します。室長、そろそろ出かける時間です」

「じゃ、そう言う風に先方に話をつけておいて」

--- はい、わかりました。あの、室長。今日、帰りに営業のみんなで飲みに行くんですけど、
室長も如何ですか?---


ん? なんだ、こいつ・・・


「あぁ、悪い、折角だけど、今日は先約があって・・・」

--- そうなんですか、残念です。では次回是非!---

「あぁ、了解」



パタン、、、と部屋の扉が閉まる。


「チャンミン、ブラインド閉めて」

・・・・・「は、はい・・・」


言われたとおりにブラインドを閉める。
最後の一枚を締め終わってすぐ・・・


僕の身体は、背中から温かい温もりに包まれた。


・・・・・「し、室長!! こんなところで・・・」


何とか彼の腕から逃れようともがく僕。
けれど、ビクともしない。


「お前がそんな顔するから・・・」


耳元で囁く彼の声。
低くて甘い僕の大好きな貴方からの暗示・・・


・・・・・「別に普通の顔です。室長、離れてくださいっ」

「さっきからずっと俺の事見てただろ? でもって、嫉妬してただろ? ん?」


なっ、、、なにを!!


・・・・・「ば、バカなこと言わないでくださいっ」


ようやく腕を解いた彼を非難するために振り返ったら、
頬を両手で包まれて・・・


身体を誘導されて、僕は彼のデスクに座る形になった。


・・・・・「室長?」



その瞬間・・・

室長の唇が、僕のそれと優しく触れるようにそっと重なった。



あっという間で、、、僕は茫然としてしまって・・・


なのに、そんな僕の顔を見ながら・・・



「可愛すぎるお前が悪い」

・・・・・「ぼ、僕は何も、、、」



それにしたって、初めてのキスが社内の、、、しかも室長のデスクの上だなんて・・・
この人って、ムードの欠片も持ち合わせてないの?!








23へつづく

読者の皆さま、おはようございます。

今日から  「season 3」 に入ります。
この章は数話で終わる予定です。
おつきあい、よろしくお願いします♪

今日は、高校野球の最終戦です。
私の住む兵庫県代表校は、惜しくも準決勝で敗れてしまいましたが、
今日は、息子が決勝戦を観戦しに甲子園まで行くそうなので、
私もテレビ前で応援したいと思います。


先日、読者さまから立派な梨を送っていただきました。

読者さまからの頂き物 梨

子供たちも私も梨は大好物なので、
剥く傍から争奪戦のように皆で美味しくいただいてます(笑)
とても大きくて甘いです。
romi*さま、ありがとうございました♪

食べ物が美味しい秋が来たねぇ(笑)フフフ




それでは、今日も1日いい日になりますように♪
いつもご訪問ありがとうございます。





こころ。

ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします╰(*´︶`*)╯♡

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村










最新記事