FC2ブログ


はじめましての方は必ずご一読ください。

はじめまして♪


晴れ、ときどき雨・・・こころ日和。 管理人の こころ。と申します。

2017.08.01より、
旧館「晴れ、ときどき雨・・・こころ日和。」よりお引越しをして参りました。

こちらのお部屋は、ホミン至上主義 管理人こころ。の心の中のお話を、
書き綴った自分勝手なお話がメインのお部屋です。

東方神起はユノとチャンミン。
そして、こちらのお部屋は ホミン のみのお部屋です。
それ以外をお求めになる方は、速やかに退室していただきますようお願い申し上げます。


ユノとチャンミン、2人が2人でいてくれれば幸せ。
どんなことよりも2人が笑っていてくれれば幸せ。

2人の笑顔が私の元気の源です。

2人の心の繋がりを表現したくてお話を書くようになりました。
素人ですので、表現や描写に稚拙なところもあります。
心のままに綴っておりますのでご了承ください。

お話の中にBL的要素が含まれるものもございます。。
18歳未満の方、またはそういった表現が苦手な方はお帰り下さい。

閲覧される方、自己責任でお願いいたします。

2人をイメージして綴っておりますがあくまでも私の心の中の妄想であり、
ご本人やその他すべての登場人物には一切関係ありません。
すべてフィクションです。
その点をご理解、ご了承していただける方のみ、閲覧してくださいますようお願い致します。

なお、閲覧後の苦情、中傷、批判などはご遠慮ください。
閲覧は、すべて自己責任でお願いします。

※ コメントについてのお願い

お話の更新を優先させていただき、頂いたコメントやメッセージのお返事が出来ない場合があります。
気まぐれでのお返事になり、失礼とは十分承知で、お返事できない時もございます。
ご了承ください。

頂いたコメントやメッセージは、いつも大切に読ませていただいてます。
感謝しています。

※ こころ日和。に掲載していますお話は、全て私個人のものです。
他人の作った文章や画像やデータを勝手に複製することは禁止されています。
無断転載はご遠慮願います。
ここでのお話は、ここにあるからこそ皆さんに楽しんでいただけると思っています。


ここに脚を運んでくださる皆様が、こころ日和。のお話で楽しんで頂けたら嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします(*^_^*)


2017.08.01

晴れ、ときどき雨・・・こころ日和。 
管理人 こころ。






スポンサーサイト







※ 無断転載禁止 ! ※


当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください





私の心の中のお話です。
ご了承ください。



街の中心から少し離れた場所にあるその病院。
ちょっと緊張しながら、脚を踏み入れる。

平日のお昼過ぎ。

沢山の外来の患者が、待ちくたびれた顔をして、待合の椅子に腰かけている。
エントランスを抜けて、エレベーターに乗り込んだ。



映画みたいな恋をした。6




〝5階の505号室〟


ヒョンの言葉を思いだして、5階を目指す。


途中1度も止まることもなく、エレベーターは静かに5階に到着した。
扉が開くと、途端、慣れない消毒液のような香りが鼻につく。


・・・・・「505、、、505、、、」


キョロキョロしながら歩いていると、、、


「チャンミン?」


振り向くと、手に缶コーヒーを持ったヒョンが立っていた。


・・・・・「ヒョンっ」

「来たか、早かったな」

・・・・・「うん。急いできたから、、、」

「少し話そう」

・・・・・「うん」


ヒョンの後についてゆくと、
広いフロアが現れる。

窓から陽の光が明るく差し込んで、
数人の入院患者が見舞客と談笑していた。


「ほら、飲んで?」

・・・・・「ありがとう」


長椅子に並んで座る。

手渡された缶コーヒーのプルタブを弾いて、コクコクと喉に通した。
いつもなら飲まない甘いコーヒーは、喉が渇いていたせいか、とても美味しく感じた。


・・・・・「ヒョン、ソユンさんは?」

「ん、今眠ってる」


ヒョンは、僕を見ようとしない。
缶コーヒーを手に、少し俯いて黙ったままだ。


・・・・・「ヒョン、もしかして迷惑だった?」

「えっ?」


ようやく、ヒョンと視線が合った。


・・・・・「こんなところまで、僕は関係なのに、、、」

「そんなことないよ」

・・・・・「でも、、、怒ってる」


こんなところまで勇んで来たくせに、
ヒョンの顔を見たらなんだか弱気になってしまう。

そんな僕に、ヒョンは笑って、、、


「怒ってなんてないよ。俺を心配して来てくれたんだろ?」

・・・・・「・・・・・」

「ありがとな、チャンミン」


そっと、隣から伸びてきたヒョンの手が、
膝の上の僕の手に触れる。

ヒョンの手は、とても温かかった。


「あと2,3日で退院できそうなんだ」

・・・・・「そう、良かったね」

「ん、、、」


差し込む光が眩しくて、瞬きをする。

隣りのヒョンも、僕と同じようにガラス窓の向こうを見ているけれど、
なんだか心はここに無いようで、空のずっとずっと向こうを見つめているように見えた。


--- あ、チョンさん、ソユンさんが探してらっしゃいますよ? ---

「あ、はい。すぐ行きます。チャンミン、ちょっと待ってて?」

・・・・・「うん、、、」


ヒョンは少し慌てるように立ち上がり、
僕を置いて、病室に向って速足で歩いて行った。


5分、10分、15分、、、


どのくらいその場に居ただろうか。

手の中の缶コーヒーも、もう飲み干してしまって、
ヒョンが戻る気配もない。


談話室の自動販売機のごみ箱に缶を捨てると、
僕は、エレベーターに向って歩き始める。


けど、、、

エレベーターの前で止まった足。

ようやく上ってきたエレベーターの扉が開いても、
僕の脚は動かなかった。

再びエレベーターの扉が閉じて、さらに上の階に上昇してゆく。

それを見届けた僕は、身体をくるりと反転させ、再び歩き出す。

そして、、、


脚が止まったのは、〝505〟 の病室の前。


少しだけ開いた扉の向こうに、ベッドに横たわるソユンさんと、
そして、ヒョンの背中が見える。


ソユンさんは眠っているのだろうか、、、
窓から射す眩しい陽の光は、引かれたカーテンで弱くぼんやりとベッドの彼女を包んでいる。


・・・・・「ヒョ、、、」





「ごめんな、ソユン、、、」


ヒョンの表情は見えない。
けど、ヒョンはソユンさんの手を握り、優しく髪を撫でていた。



「ここに居るから、大丈夫、、、」



ヒョンの声が、言葉が、背中が、、、
泣き出しそうなくらい悲しくて、切なくて、、、




声を掛けることは出来なかった。

ヒョンに気付かれないように、一歩、また一歩後退る。
そのまま僕は、急ぎ足で病院を後にした。









56へつづく

ランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村







※ 無断転載禁止 ! ※

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください





私の心の中のお話です。
ご了承ください。



星の欠片、月の雫。 7-2





「なぁ、チャンミン」


カーテンの向こうはまだ暗くて、月明りだけがぼんやりと室内を照らしている。
僕は、懐かしい温もりと匂いに包まれて、夢と現実の間を行ったり来たりしていた。


「チャンミン」


貴方に名前を呼ばれて目を開けると、
ようやくそれが夢ではないことを認識できた。

隣には、溶けるような優しい目をしながら、
僕をジッと見ているユノがそこにいたから・・・


「チャンミン、辛くないか? ゴメン、ちょっと強引だったな」


恥ずかしさを隠すように、僕の髪を撫でながら額に軽くキスを落とす。


「チャンミン、覚えてるか? 俺が守れなかった約束」



〝俺が守ってやる〟



「守ってやるって、お前を俺が守るって・・・」

・・・・・「もちろん、覚えてるよ」

「今からでも間に合うかな? 俺たち、遅くないよな?」


僕は、ユノに抱かれたまま小さく頷いた。


「もう一度約束するよ。俺がお前をずっと、、、これからもずっと守ってやるから・・・」


僕を抱くユノの腕に、ギュッと力が入る。


「今までごめんな。ずっと1人にして・・・」


このまま、呼吸が止まってもいいとさえ思う。
何も考えず、ユノと2人で抱き合いながら永遠にこのままでいたかったから・・・



でも、現実はそうじゃないことを僕もユノも知っている。


・・・・・「ユノ、いつまでソウルにいるの?」


聞きたいわけじゃない。
けれど、聞かないと・・・

僕たちは本当の意味で繋がることが出来ないから・・・


「お前に会いたくて、1日早く来たんだ。テミンに聞いてるか? 明日、専務と会う」

・・・・・「・・・ウンジュさん、、、とのこと?」


現実をちゃんと知らないと・・・


「結婚しろって言われてる」


僕たちは前には進めない。


・・・・・「そう、なんだ」


身体が震える。

ついさっき、貴方に抱かれたばかりなのに、ずっと守るって言われたばかりなのに・・・
怖くて身体が震える。

抱きしめていた腕の力を緩めて、ユノが僕の顔を覗き込んだ。


「チャンミン。俺とウンジュさんは結婚はしない。お互いそう思ってるんだ」

・・・・・「でも、、、」

「ニューヨークへ一緒に行ったのは、同情だって彼女にそうに言われたよ」

・・・・・「・・・・・」

「もちろん、自分が招いてしまった事故で、彼女があんなことになって・・・
責任を感じたことも理由の1つだよ。でも、それだけじゃない。彼女には、本当に感謝してるんだ」

・・・・・「うん、分かってる」

「お前と離れて、知らない国で心が壊れそうなとき俺を救ってくれた大切な人だ。
俺が傍にいて、彼女の力になれるなら、、、そう思ったんだ」

・・・・・「知ってるよ。ユノがそういう人だって」

「同情じゃないよ。俺は、彼女を愛してた」



分かってるよ、ユノ・・・





「ある日彼女にさ、病院へ呼び出されて、俺の目の前で・・・」



〝ユンホさん、そのままそこにいて。
もし、私がユンホさんのところまで歩くことが出来たら、私のお願いを聞いてくれる?〟




「彼女がゆっくりと、、、けれどしっかりと足を踏みしめて、俺のところまで歩いてきたんだ。
嬉しくて、、、目の前に彼女の顔が見えたとき、思わず彼女を抱きしめた」

・・・・・「・・・・・」

「〝頑張ったね〟って、それしか言えない俺にさ・・・」



〝ユンホさん、見たでしょ? 私、もう1人で歩けるの。ユンホさんがいてくれたから・・・
傍で見守ってくれたから〟


〝けれど、私たちのこれからの人生を一緒に歩くのはお互い別の人でしょ?そうでしょ? ユンホさん。
ずっと長い間、貴方を信じて待ってる人がいるはず。早く行ってあげて。それが私からの最後のお願いよ〟


〝私は歩けるようになったの。だから、、、だからね、心も一歩踏み出そうと思ってる〟

〝ドンヘさんに、会いに行くわ〟





・・・・・「ドンヘさん、、、」

「彼女がずっと愛してる人だよ」









78へつづく

読者の皆さま、おはようございます。

昨日は、渋谷のタワレコとTSUTAYAへ行ったお友達が、
いろいろと写メを送ってくれました。
さながら実況中継のようにトントラの動画もリアタイで見たりして、まるで気持ちは渋谷なう(笑)

フラゲしたアルバムのジャケカを報告し合ったりで、家に居ながらも
1日楽しい時間を過ごしました(笑)

アルバムは、驚きのsurprise songもあったりして、期待以上のすっごくいいアルバムです。
これからたっぷり聞き込んで、ツアー参戦したいと思ってます。

初回限定盤とギフト盤が今日到着予定なので、
それも楽しみです♪


夜は、うたコン。
けど、正直、ユノを直視できませんでした。
あんな色のないユノ、見てられなくて、、、
でも、そんなユノを隣でカバーしようとチャンミンが少し無理して笑ってて、、、
(私にはそんな風に見えました)
パフォーマンスは最高でしたね。
胸が凄く熱くなって、涙が出ました。
何も出来ない、応援することしか出来ないけれど、
一生懸命私に出来る応援をしようと思いました。


それでは、今日も穏やかな1日になりますように。
いつもご訪問ありがとうございます。





こころ。

ランキングに参加しています。
いつも沢山の応援、感謝します╰(*´︶`*)╯♡ 

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村







※ 無断転載禁止 ! ※


当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください





私の心の中のお話です。
ご了承ください。




・・・・・「僕次第って、どうしてですか?」

--- ん、、、勘? ---

・・・・・「えっ?」

--- 僕は今まで、数えきれないほどの恋愛を見てきたからね、、、ま、本の中だけど ---

・・・・・「あ、あぁ、、、」

--- けど、小説の中に出てくる登場人物にだって、それぞれの人生がある。
僕たちと同じだよ---

・・・・・「それぞれの人生、、、」

--- ユンホは過去に捕らわれてる。ああ見えて、凄く脆い所があるからさ、、、
だから、チャンミンがあいつを掴んで離さないようにしないと、、、---

・・・・・「・・・・・」

--- お互い想いあってるんだろ? なら、離れちゃダメだ ---

・・・・・「ソジュンさん、、、」

--- 例え、ユンホがその女性とどうかなったとしたってさ、
心の通い合っていない恋愛なんて、どのみち長くは続かない ---

・・・・・「・・・・・」

--- そういうものだよ ---



映画みたいな恋をした。6




ソジュンさんは、僕に笑ってそう言った。

けど、その表情はなんだかとても寂しそうで、
訳も分からず、僕の胸がチクリと痛んだ。


〝いつでも連絡して? 僕でよかったら、話を聞くよ〟


別れ際、ソジュンさんは、僕の髪をクシャリと撫でながらそう言った。


その夜、何故だかソジュンさんのあの寂しそうな顔が浮かんで来て、
なかなか寝付くことが出来なかった。






・・・・・「あ、もしもし、ヒョン?」

「ん、、、どうした、チャンミン」


数日後、大学からの帰り道、ヒョンに電話を掛けた。


・・・・・「大学に用があって、、、今帰りなんだけど、会えないかな?」

「あ、、、うん、、、」


はっきりとしないヒョンの返事。

すると、電話の向こうから、ヒョンの声とは別の誰かの声が聞こえる。


〝ユノ〟


その声を聴いて、今、ヒョンがどこにいるのかなんとなく理解して、、、


・・・・・「病院?」

「う、うん、、、そうなんだ」


その時、ソジュンさんの言葉が脳裏をよぎった。


〝チャンミン次第だ。離れちゃダメだ〟


分かってる。
僕は絶対にヒョンから離れない。離さない。


・・・・・「ヒョン、、、」

「ん?」

・・・・・「場所を教えてよ」

「えっ?」

・・・・・「今から行くよ」


傍に居るって、約束したんだ・・・








55へつづく

ランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村







※ 無断転載禁止 ! ※

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください





私の心の中のお話です。
ご了承ください。



星の欠片、月の雫。 7-2





「俺さ・・・」



「俺、やっぱり無理なんだ」

・・・・・「・・・・・」

「ゴメン、チャンミン。お前をどうしても諦めきれない」

・・・・・「ユノ」


僕の顔をじっと見つめながら、ユノは少し恥ずかしそうに微笑んだ。
僕は、そんなユノを見て目を逸らせた。


「なぁ、チャンミン。聞かせてほしい。お前の今の気持ち・・・
嘘のない、本当の気持ち」

・・・・・「僕は・・・」


僕の言葉で、この先の僕たちの未来が変わってしまうのかな?


それでも
そうだとしても

僕は正直でいたい。
貴方の前で、もう自分の心に嘘はつかないって決めたんだ。

僕達は心に鍵をかけて生きてきた。
本当の気持ちを隠し合って、嘘を付き合って、遠回りの道を歩いてきた。

それでも、僕はユノが好きで・・・
貴方しか考えられなくて・・・

そして、貴方も・・・
貴方も僕と同じ気持ちだと・・・

ユノ、僕は自分に正直になりたい。

もう、いいよね?
いいんだよね?

例え、誰かを苦しめることになっても・・・


・・・・・「僕は、ユノと一緒に生きていきたい。それで、もし他の誰かが悲しむとしても・・・
それでも、僕は貴方と生きていきたい」

「チャンミン」

・・・・・「罰なら、いくらだって受ける。ユノと一緒なら何も怖くない。だって・・・
だって、高校生の時からずっと、、、ずっと愛してるんだ。 誰よりも一番貴方を愛してる」


顔を上げて、隣りの貴方の顔を見た。
涙で滲んでよく見えないけれど、そっと貴方が拭ってくれるから・・・


「チャンミン。俺も、ずっと愛してる。 あの夏の日に、お前と出会ってからずっと・・・
俺の星の欠片は、あの時からお前だけなんだ」


貴方の温かい掌が、
僕の髪に触れ、優しく引き寄せられる。


「初めてキスしたのを思い出す。今、あの時と同じ気持ちだよ」

・・・・・「室長のデスク?ムードも何もなかったのに、あの時と同じなの?」


触れるか触れないか・・・


「お前が好きで好きで仕方ないってことだよ。チャンミン、俺の気持ち、分かるか?」

・・・・・・「ん、、、ふっ、、、」


僕の返事も聞かずに、貴方の唇が落ちてくる。

もっと・・・
もっと・・・

もっと僕に触れて、触って・・・

ユノ・・・
ユノ・・・


きっと、こうなると心のどこかで思っていた。

忘れてと言ったって、貴方はきっと僕の事を忘れはしない。
別れようと言ったって、きっと貴方の心のどこかに僕がいる。


そして・・・


テミンに、貴方がソウルに来るとそう聞いた時、
きっと、こうやって貴方と抱き合えるんじゃないかって、、、そう思っていた。


どこにそんな自信があったんだろうって、自分でもそう思うけれど・・・


いや、違う。
自信じゃなくて・・・

そう、きっと僕たちはそう決まってたんだ。

出会う前から
生まれる前から

僕たち2人の運命だから・・・



「チャンミン、俺を見ろ。お前を抱いてるのは、誰? 分かるか?」

・・・・・「あっ、、、ユノ、、、」


貴方から与えられる激しい感情と溶けそうな熱を僕はもて余す。


貴方に貫かれ、揺さぶられ、何度もいかされて・・・
離れていた長い時間を取り戻すかのように、僕たちは時間を忘れて愛し合った。


僕の胸で揺れる星と月が対であるように、
ユノと僕もお互いがいなければ完全にはなれない。


これから先の僕たちが歩く道。

交わることがないと思っていた2つの道が、今、1つになった気がした。


・・・・・「ユノ、お願い、、、僕のところに戻ってきて・・・」



長い月日、僕は1人だった。

それは貴方もきっと同じ。

ねぇ、ユノ・・・

きっと、僕の心の傷は貴方にしか埋められなくて・・・
そして、同じように貴方の心の傷は僕にしか埋められない。

こんなに長く時間をかけて、やっとそれが分かった気がするよ。


まだ、、、遅くはないよね?

きっとまた、僕達は一緒に歩いて行ける。
今なら、それを本当に強く信じられるんだ。


そうだよね、ユノ・・・


出会った頃と同じように、
僕たち2人、、、今からまた始めよう。








77へつづく

読者の皆さま、おはようございます。
連休が終わりましたね。

2人、大変な時に来てくれたんですね。
テレビ出演はとっても嬉しいけど、
2人がどんな気持ちでいるのかを考えると、ちょっと複雑です。
2人が身を置いている世界がどんなに厳しいものか、
改めて考えました。

こんな時、別々じゃなく2人一緒にいてくれて、
良かったと思います。

今日はアルバムをフラゲできる予定です。
トントラ情報も。
一生懸命、自分が出来る応援をしようと思います。


それでは、今日も穏やかな1日になりますように。
いつもご訪問ありがとうございます。





こころ。

ランキングに参加しています。
いつも沢山の応援、感謝します╰(*´︶`*)╯♡ 

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村






最新記事